腰・背中の痛み詳細

腰に悪い電車の座席


先日、お客様からご質問があったのですが、今回はそれをご紹介します。お客様の腰を施術し、楽になったと納得していただきました。電車でお帰りになる際、駅まで歩いているところまでは特に違和感はなかったのですが、座っているうちに腰が辛くなってきたとのことでした。電車から降りて自宅で過ごしているうちになんともなくなったのだそうです。

 

この質問の答えの前提となると思うのが「筋肉は基本的になるべく楽をしたい」ということ。ご来店までは辛いと感じているいる場所が硬直しています。身体を支えるには硬い方が都合がいいからです。別の良い方をするとかばっている、本来の支える仕事分をしないでサボっている筋肉や関節がある訳です。
当店でそれぞれの部位の仕事を正しくさせるお手伝いをさせていただきました。すると、今まで自分の分担以上の仕事をさせられていた部位が緩んだ後は辛さを我慢し続ける為に鈍らせていた感覚を戻します。それぞれの部位が仕事を正しくしているため自然と姿勢が良くなり、より負担が減ります。その楽さを噛みしめて駅まで歩きました。そして、姿勢良く座ることが困難な電車の座席では何も気を配らず座ると腰が辛くなり、落差に戸惑うのです。

 

私は電車の座席で腰が辛くならない方法を知りません。細心の気を配って最小限に負担を抑えることに全力を注ぎます。私の腰のダメージは平均台の様なシーソーに乗っているくらいのバランスで成り立っていますので。電車の座席は無駄に奥行があり膝もとの方がやや高くなっているし、背もたれもゆるく丸みのあるアーチになっていて無駄に腰と背中の境目が押されて反り、足元はヒーターのあるタイプではかかとが十分にが引けません。

 

もしかしたら日本人に腰痛の方が多いのも、そのあたりに原因があるのではないかと思っております。なかでもうたた寝で首が支えなく船を漕いでいるのが腰に一番悪いと思います。それでは…

A-balance -エ―バランス-

住所
〒150-0013
東京都渋谷区恵比寿1-7−4
ハイライフ恵比寿503

TEL 03-6459-3439
完全予約制となります。
営業時間 9:30~22:00
*20:00以降はご予約の場合のみ
定休日 不定休

当院Facebookはこちら
http://on.fb.me/1Ge3KpI
  • facebook
  • twitter

トップへ戻る