腰・背中の痛み詳細

雪かきで注意してほしいこと 腰・股関節


まさかの2週連続の雪、雪かきで身体が痛いのに追い打ちというのが一番危険です。

今年は今後も雪が多い可能性があるそうです。雪国出身というわけではないので、体の負担の面でいくつか書いておきます。

 

1、股関節が固まっている状態での連続、長時間はさける。

2、利き腕の使いやすい方でばかり作業をしない。

3、足元から離れた場所を、横着して除雪しない。

4、家事でも普段使わない筋肉が疲労を溜めている自覚を。

 

1は雪をかきながら進むわけですから、小さい歩幅で時間を掛けながら進みます。必然的に股関節の動きは小さいですが、負担はどんどん溜まっていきます。腰のカーブは猫背で座っているのと変わらないですが、雪をかいているので支点になっている腰の負担はデスクワークの比ではありません。ある程度の重さの場合は背筋は伸ばし、膝だけでなく股関節のバネを使うイメージですくい上げる様にしましょう。

2は説明は良いでしょう。3は腰や腕などの負担が急に上がります。最近ちょくちょくあるショベルカーの転倒事故も重心と支点が離れすぎたために強い引っ張られる力が働くため耐えようとすると関節を痛める危険があります。ぎっくり腰、脇腹や肩の筋がビキッと伸びたりする原因の主なものがこれです。ましてや足元が滑りやすくなっているので腰が引けてしまいがちな上に、余計に力が入ってる事も危険性を上げています。介護や重い物を扱う方は仕事で疲れを溜めてからの雪かき、またはその逆にご注意を。

4は上に書いたお仕事でない方も、洗濯や掃除ではある程度の重さのものを動かすわけですから、横着をするとホントの意味での痛いしっぺ返しの原因になりますので、特に3番目にはご注意ください。それでは…

A-balance -エ―バランス-

住所
〒150-0013
東京都渋谷区恵比寿1-7−4
ハイライフ恵比寿503

TEL 03-6459-3439
完全予約制となります。
営業時間 9:30~22:00
*20:00以降はご予約の場合のみ
定休日 不定休

当院Facebookはこちら
http://on.fb.me/1Ge3KpI
  • facebook
  • twitter

トップへ戻る