腰・背中の痛み詳細

臀部・お尻の痛み


今回は臀部・お尻の痛み について書いてみたいと思います 長時間座っていて潰れて痛い以外での痛みは

大人ならば1度くらいは経験があるでしょう 立っている状態でも痛いと「坐骨神経痛などが心配」になるというお客様もいらっしゃいます

しかし 「何を注意すると坐骨神経痛まででなくても痛くなることを予防できる」のかをじっくり考え 姿勢の見直しをする方は少ない気がします

運動して予防している方もいるでしょうが 忙しくなれば運動を継続できないこともあるでしょう 忙しいほどリスクが高くなるジレンマが出ます

それならば そもそもの原因を知っておく方が有効です

 

1)立った姿勢では決まった片足に体重をかけていて腰は反っていることが多い

2)立った姿勢でつま先が大きく外側を向いていることが多い

3)座った姿勢では (特に男性)つま先は閉じているが 膝が開いた状態である 

4)足を組んで座っていることが多い 左右で組みやすさが違う

5)歩く姿勢は股関節から上半身が前傾で 膝を伸ばした状態で足を着地していない(特に足の筋力が少ない方)

 

などが考えられます

1)は片足の分仕事量が多くなるので単純に疲労し 血流・硬直の面でがリスクが高くなります 

2)、3) は股関節の角度が動かされているのでその分の力を使い・維持する力を出し続けているので疲労します こちらは自覚しにくく

多くのお客様は指摘の後 その差を比べていただくと感嘆の声を上げます

4)足を組んで座るだけでも余計に体重のかかり潰れて血流が悪くなりますし 組みやすさが違うことでその差が広がる

5)どれくらいの差があるかの例としてお客様にお伝えしているのが 腕立て伏せで中で支え続ける場合1番楽なのは腕を伸ばした姿勢で

その次が曲げきった姿勢 中途半端な曲げ具合で維持しているのが最も辛い そして筋肉も同じ力を出し続けることが苦手なのです

 

また 坐骨神経は人によってその通り道が異なっていることもあり 筋肉を貫通して最短距離を通ろうとしているタイプの方は

その筋肉が硬直すると神経にダイレクトに負担がかかり坐骨神経痛になりやすいとされています 遺伝なので仕方ありません

これを筋肉硬直型とすると椎間板ヘルニアや狭窄症などの脊椎のトラブル型があります

 

共通しているのは身体の使い方の癖による負担が原因であること 結果としてどこが先に耐えきれなくなったの差です

筋肉に集中するか骨・関節に集中するかですが 骨・関節に負担が集中する前には筋肉のバランスが乱れたままで硬直していて

最後に無理に大きな力を加えたきっかけがあることが多いはずです 最終的に自分の体をを守るのも一線を越えるのも自分次第

いたわる選択肢に入れていただければ幸いです

 

 

 

 

 

A-balance -エ―バランス-

住所
〒150-0013
東京都渋谷区恵比寿1-7−4
ハイライフ恵比寿503

TEL 03-6459-3439
完全予約制となります。
営業時間 9:30~22:00
*20:00以降はご予約の場合のみ
定休日 不定休

当院Facebookはこちら
http://on.fb.me/1Ge3KpI
  • facebook
  • twitter

トップへ戻る