足の痛み詳細

膝の痛み半月板治療の未来


夢の扉+(プラス)という番組での情報を書かせていただきます。現状では交通事故やスポーツなどの激しい衝撃や事故で膝の半月板を損傷した場合半月板は取り除くのが主流です。クッション機能を十分果たせず、関節内の動きの妨げだったり、損傷部のささくれや毛羽立った状態が繊細な関節内では痛みを生むことが多いからです。
その正常でない部位は丸ごと取り除くという方式から損傷した部分だけを再生するという治療が臨床試験段階まできているという内容でした。

 

東京医科歯科大学 再生医療研究センター 教授/関矢一郎先生の研究されているのがその半月板を再生する研究です。
再生医療と言ってもiPS細胞でまったく新しいものを培養したものを移植するのではなく、上で書いたように損傷した部分が蘇るわけですから、コストとしても患者の負担がへりますし、材料は一から作り出すのではなく別の組織を採取して培養するだけ。そこの部位は別の病状の場合はわざわざ発症のリスクを軽減する目的の為だけに問題なしでも切除していた部位なのでそうです。【滑膜】というの膜が膝関節の内部にあるのですが、ここは膝リュウマチなどではリスク軽減の為捨てられていたそうです。

 

無数にある過去の論文の中から半月板が自然治癒したという1症例を見つけだし検証した関矢先生には感動しました。他の研究者からたまたまの特例で研究する価値はない、無駄だといわれても諦めない。過去のあの患者さんを治せなかった無念、とはいっても当時の医療の限界だったのですからどうすることもできなかったということなのですが。技術の壁を打ち破る方というのは、もちろん知識や技量もそうですが他人の評価に屈しない心の強さというのが違いますね、見習いたいものです。しかし、私はノミの心臓なので向上心だけはせめて持ち続けようと改めて思うだけになります。あ~ただ、他の店であまり効果が実感できないくらいくらいの薄い壁でしたらご相談ください。感想だけでなくすぐに実践できる技術を放送するかもしれないので、試してガッテンともどもこの番組もチェックし続けることから第一歩とさせていただきます。それでは…

A-balance -エ―バランス-

住所
〒150-0013
東京都渋谷区恵比寿1-7−4
ハイライフ恵比寿503

TEL 03-6459-3439
完全予約制となります。
営業時間 9:30~22:00
*20:00以降はご予約の場合のみ
定休日 不定休

当院Facebookはこちら
http://on.fb.me/1Ge3KpI
  • facebook
  • twitter

トップへ戻る