足の痛み詳細

X脚 O脚の負担 膝・膝裏の痛み


先日、サッカー選手の中山雅史選手が現役に復帰した際の地道な努力を

『バースデイ」という番組で密着したのを視聴しました

中山選手の膝の状態は、数々のスポーツ選手の大きな故障からの復帰をサポートした

中村和睦トレーナーさんの想像以上に悪かったということ その中で膝に負担がかかる

原因の分析が興味深かったのでご紹介します

 

映像だとわかりやすいのですが、

・歩き方・走り方 膝が内側に入るはっきりとしたX脚である

・臀筋(お尻の筋肉)が極端に弱い うまく使えていない

・足首の可動域が狭く 硬い

 

という分析結果でした

もしご自身や身近な方がX脚・O脚であったなら どう考えるでしょう

・サッカーは凄く膝に負担かかるスポーツだから仕方ない

・フィジカル・トレーナーもいただろうにそれでも歩くのが精いっぱいになってしまうんだ

ましてや中山選手は「元日本代表として活躍したトップ・プロ」 トレーナーだって値段は

いとわなかったでしょう 特別強いシュートを蹴る選手ではない、むしろダイビング・ヘッド

が有名な闘志あふれる選手で有名でした Jリーグは大きな故障で引退する選手よりも

年齢や体力面 チームの世代交代などで引退する選手が大半を占めると思います

 

裏を返せば、そんなプロチームのトレーナーで不可能だった歩くのがギリギリだった故障も 

「X脚の癖から見直し、うまく使えていなかった筋肉を呼び起こし、可動域の改善に取り組めば

 プロのレベルで通用するくらいにまで向上する」 ということです

 

現在、X脚・O脚でお悩みの方で番組を見逃し、たまたまこのブログを見ていた方

どうです なんだか「対処療法で冷やすだけではもったいない」 という気持ちになりませんか

自分はここまでの神業チームには到底及びませんが「回復系整体の考え方」を肯定して

もらえたような気に勝手になり、一生勉強の気持ちを新たにしました

 

中山選手に治療工程は専門的すぎるのか放送されませんでしたが、自分なりに考察して

別のブログで書いてみたいと思います ここまででかなり長くなってしまいましたので

ご興味ありましたら同じタイトルのその2 を読んでみてください それでは…     

A-balance -エ―バランス-

住所
〒150-0013
東京都渋谷区恵比寿1-7−4
ハイライフ恵比寿503

TEL 03-6459-3439
完全予約制となります。
営業時間 9:30~22:00
*20:00以降はご予約の場合のみ
定休日 不定休

当院Facebookはこちら
http://on.fb.me/1Ge3KpI
  • facebook
  • twitter

トップへ戻る