足の痛み詳細

足の甲の痛み 長く続く理由の1つは


足の甲の痛みの場所を細かく調べられたことはありますか?

もしそれが 指の股から足の甲の3分の1 までの間なら続きを読まれてみてください

全体をさすったり、冷湿布をするだけでは改善できません

原因が改善されないから痛みが続いているだけ とは限らない 別の習慣があるのかもしれません

 

・ソールの硬い皮のビジネ・スシューズを履いていることが多い

・かかとの高い低いにかかわらずストレッチ性のないヒールやパンプスをはいていることが多い

・休日でもスニーカーは履かない、履いても靴ひもはめったに結び直さない

 (サイドにファスナーあっても靴ひもを直さなければ同様です)

・休日はランニングやジムに通っている方はその専用のシューズも検証します

 

ビジネス・シューズの場合から

立っている状態の時に靴は甲の部分がピッタリの物が良いと思っていませんか

「フィット感が凄いから オーダーしたみたいで気に入っている」 だとするとそれが間違いです

健康的に歩こうとすると甲には横に曲げ皺が3分の1 くらいの所に刻まれます 

谷折りで甲を突き刺すよに曲がります これが負担になるのです 

感じていない方は歩き方そのものを変えてしまうことで 姿勢の方に影響がでることが考えられます

 

女性のヒールなど場合は

甲の部分がそもそも開いていて潰れる心配がないのですが その代り

甲の根本から土踏まずの一周する 重さを軽減するアーチ構造が受ける衝撃を助けてくれる

覆いもないのです 一般的に女性の足の幅は狭い上にヒールで重心が不安定になりがちなのに

これは男性同様 姿勢にマイナスに働きます しかし 「ファッションはやせ我慢」 というのもわかっています

 

だからこそ休日の足の甲の余裕が大切なのです 身体が正しく戻って回復しようとしているのを

その習慣で わざわざ痛みを長引かせるように・ガッチリとした悪い癖になろうとしているかもしれません 

 

靴を履いたら1番つま先に近い靴ひもを十分緩めてみてください 横でたわむくらい思い切って

靴の中で足の指をジャンケンのグーの様にしっかり握ることが出来るだけの余裕をもたせます』

かかとを浮かせずに そのまま膝を前に倒した状態でピッタリに合わせてみてください

土踏まずを通った足首に近い甲とかかとでグラつかない様に履くのが 体にやさしい靴の履き方です

毎回でなくても構いませんが 何度もそのままで履いていると自然とひもは詰まってきてしまうので

時々緩め直しが必要になります 特にランニングやジムで使っているものはその周期が早いはずなのです

 

もちろん緩めるだけでは十分ではありません

そもそも 足の指でのグーがすべての爪が見えなくなるまでギュッとできない方も多いですし

甲のアーチが横幅が狭くなっている方 縦のアーチのが偏平足や甲高になっていては

最初のスタートが正しく切れません 外反母趾になっている方でも出来るようにしてみせますので

お困りならば是非お試しください それでは…

 

 

A-balance -エ―バランス-

住所
〒150-0013
東京都渋谷区恵比寿1-7−4
ハイライフ恵比寿503

TEL 03-6459-3439
完全予約制となります。
営業時間 9:30~22:00
*20:00以降はご予約の場合のみ
定休日 不定休

当院Facebookはこちら
http://on.fb.me/1Ge3KpI
  • facebook
  • twitter

トップへ戻る