末端・その他 の痛み詳細

肘の痛みと初心


「痛みがあるということは悪い癖があるということです」と私はお客様にお伝えしています。その例に漏れなく私も右肘のピリッとした痛みとここ10日ほど格闘しています。悪い癖のある使い方だけでいきなり痛くなる事はありませんので、使い続けたことがいけないのですが、悪化したキッカケまで私は覚えています。この型落ちのノートパソコンの端を3本指でつまんで持ち上げて運んだことで悪化させてしまいました。

この肘を自分でケアするのですが、利き手とは逆でしかも片手というのがネックになり1週間はまったく良くならない状態が続きました。そこで手法を変更し運動法に切り替えました。結論からいうと切り替えから3日、痛みは軽減しはじめました。肘や膝などの関節周辺には、骨格の突起が多数ありそこに無理をして引き伸ばされた筋や筋肉が引っかかっている状態により痛みが発生します。それを角度や方向を確かめながら正しい動きをすることで改善を促し、悪い癖からの脱却を図るのです。

 

技術の向上の追求も大切ですが、いかに負担を掛けずに仕事をしてパフォーマンスの質を落とさないという一職人としての仕事のこなし方も大切だと思い知りました。3,4時間ならぶっ続けで施術をする体力はまだあるつもりですが、慢心せず工夫を重ねる初心を思い出す痛みでありました。

 

これを読んでいる方で同じ施術や治療を続けているが一向に改善しない方、身近にいらっしゃる方は、それを施術者側に伝えても違う方法をとらないのなら今流行のセカンド・オピニオンをおすすめします。そこで出来る方法が手詰まりなのに『とりあえず湿布してください』『老化なので仕方がない』というだけなのならば行くのを中止し、一刻も早く新たな店の情報収集を開始してください。それでは…

A-balance -エ―バランス-

住所
〒150-0013
東京都渋谷区恵比寿1-7−4
ハイライフ恵比寿503

TEL 03-6459-3439
完全予約制となります。
営業時間 9:30~22:00
*20:00以降はご予約の場合のみ
定休日 不定休

当院Facebookはこちら
http://on.fb.me/1Ge3KpI
  • facebook
  • twitter

トップへ戻る