末端・その他 の痛み詳細

筋トレで遠回りしていませんか?関節と筋肉の関係を整理


運動や悪い癖ですでに筋肉の均衡が乱れている方、例えば内腿は柔らかくフニャフニャなのに外側の腿はカチコチという方、結構よくお見かけしますよね。だから柔らかい方を鍛えて硬くしなくちゃ、鍛えればバランスが良くなって「今痛いのは良くなりますよね」と思って頑張っている方へ

 

ゴメンナサイ私の考えではその筋トレで徐々に良くなっていくことはありません。その理由を箇条書きで

 

・すでに痛い所でのケアを無視することは自殺行為です。痛いと思った時点でそこをかばうことを自分の意思と関係なく脳が判断していますので、合わせてかばっている箇所を理解し2次被害を新たな悪い癖にしない様にしなくてはなりません。
・硬くなったということは関節に負担が出ています。締めつけたり、押し付ける力が普通ではなくなっているので、頑張って動かすことは関節の摩擦が強い状態で普通より余計に動かすのがどれくらいの負担になるかは分かっていただけると思います。膝などは水が溜まるなどのことが考えられます。
・痛い硬くなっているの時点で申し訳ありませんが、使い方、フォーム、バランスが悪い。正しい関節の使い方をすでにしていないことに注意しなければいけません。しかも、原因は痛みが出る姿勢や動きが正しくないからだけとは限りません。酷い症状の方は足なら普段からの歩き方自体が、肩や腕なら本人が癖とも思っていない動きがあるものです。歩き方が乱れる理由はここでは書ききれないのです。

 

結論としては硬くなっていたらまず、柔らかくして正しい可動域を回復するのがまず先です。正しい動きをするといままでサボっていた側の筋肉が自然に先に悲鳴を上げます。帳尻を合わせようと焦ってはいけません。インストラクターをつけて柔らかくプヨプヨな側の筋肉だけを狙って鍛えた後は勝手に正しい動きになるかといったらなりません。動きを制御しているのは筋肉ではなく脳ですし、脳が意識しても無意識の悪い癖にはなかなか勝てませんよね。そして、正しい動きが出来ていない、やりづらい理由は本人が真剣に考えてわからなければジムのインストラクターにはまずわかりません。インストラクターは出来ている人なので、どうしても出来ない、やりづらい人も気持ちはまずわかりません。『何度もやっていれば、ガンバっていれば出来るようになりますよ、焦らずにやりましょう』と言われるのがオチです。

 

人間は深爪しただけで、血は出ていなくても動かし方が変わって肩がこるし、小指を家具の角にぶつけただけでも、痛みがおさまってからもしばらく歩き方が変わるのです。と例えれば少しはわかっていただけるかと。
『なぜここが痛いのか』をしっかり知りたい方は1度ご来店ください。見つけるまでは無料です。それでは…

A-balance -エ―バランス-

住所
〒150-0013
東京都渋谷区恵比寿1-7−4
ハイライフ恵比寿503

TEL 03-6459-3439
完全予約制となります。
営業時間 9:30~22:00
*20:00以降はご予約の場合のみ
定休日 不定休

当院Facebookはこちら
http://on.fb.me/1Ge3KpI
  • facebook
  • twitter

トップへ戻る