末端・その他 の痛み詳細

錆びる関節について


使っていない道具は錆びます。これは誰でも納得して同意していただけると思います。そして、その道具の中でも曲がったりするネジの部分が一番錆が進んでいる。だから新品の時の様に動かせない経験があると思います。人間でいうと関節になります。入院などで動かさない期間があると数日でも関節は重くなります。長期化した場合はいざ動かそうとすると「力が入らない」「思っていたよりも曲げるのに力がいる」などの次に可動域が狭まり、「以前はもっと曲がっていたのは間違いないのに、これ以上は曲がらない」になります。

今回は入院してなくても、動かしていない関節がある方は多いというお話です。

 

「私(俺)は違う」という方も騙されたと思って『ジャンケンのグー』をしてみてください。本当にすべての関節は曲がっていますか?

 

・親指は中指の辺りに曲がった状態で手のひら側にありますか?
・注射を打つ時の様に人差し指と中指の下敷きになっていませんか?
・人差し指の横に指相撲の時の様な形やO.Kのグーの形になってません?
・親指以外の4本の指先の関節はキチンと曲がっていて爪が丸見えになっていませんか?
(酷い場合、人差し指の付け根の関節はほとんど曲がっていない方も)

 

どうです?私の実感としては特に女性にどこかしらの関節が曲がっていない方が多く、男女ともに2~3割くらいの方は親指を下敷きにした注射を打つ時のグーにしています。そして親指の付け根の関節が押しつけられて可動域が狭くなり、人差し指と親指で輪を作るO.Kのグー(またはお金を表す時『コレが高くつくぜ!』の真ん丸い指の輪)をつくると狐の影絵の時の先細りになってしまい、意識しても丸くするのに一苦労です。そこから力を込めることも苦手なようです。

 

どうでしょう。これって普通ですか?もちろん真ん丸の指の輪を作ることが出来る方は先細りの場合も、何の苦もなく出来ます。力も込めることもできます。そして、その曲がっていなかった関節を個別で曲げようとしてみると90°近くまで曲げることは出来ない方が多いようです。本当は曲がります。身体の関節が硬いかどうかは関係なく【人が本来持っている、関節の教科書に載っているような可動域として】です。これって関節が錆びているのと変わらないと思うのですがどうでしょう。足の指についてはもっと状況が酷いです。
そして、動かないとそこに関わる神経に悪影響があって『負のスパイラル』下りの螺旋階段を突き進んでしまっているのです。そりゃー血行良くするだけのマッサージでは一時楽になった感じはしても、改善はしないです。出来る理由がわからないですものね。

 

補足ですが、上記よりも複雑なグーをする場合があるようです。

 

・親指以外の4本指が軽くでも重なっている
・そんなに強く握っていないのにうっ血して真っ赤になっている
・手首に筋がクッキリ出る

 

以上の心当たりのある方は普通ではありません。A-balanceのランキングでも上位に入って来ますので、お早めにケアをなさってください。それでは…

A-balance -エ―バランス-

住所
〒150-0013
東京都渋谷区恵比寿1-7−4
ハイライフ恵比寿503

TEL 03-6459-3439
完全予約制となります。
営業時間 9:30~22:00
*20:00以降はご予約の場合のみ
定休日 不定休

当院Facebookはこちら
http://on.fb.me/1Ge3KpI
  • facebook
  • twitter

トップへ戻る