具体例

具体例詳細

腰の痛み・違和感 原因は巻き込み肩


腰の痛み・違和感 原因は今回のお客様は巻き込み肩だった訳ですが 珍しいケースでした この結論に行きついたのは消去法です 通常と同じように1番のお悩みが腰ならば疑うべきは足です

 

1)重心の確認 確かに痛みがある腰と同じ側に傾いていました

2)足の状態の確認 太腿・膝・ふくらはぎ等 筋肉の硬直具合の確認

 

この2つの確認では1)・2)とも軽度で原因と思えるほどのものではありませんでした 私つまりA-balanceの考え方では【原因に近い部位・場所ほど筋肉硬直・関節の噛み合わせの弛みの幅・ダメージは拡がる】 という経験則があります

それにより 2)の確認後 直感的に原因が足ではない可能性が濃厚だと判断して

2’)として 足首・土踏まず・足の指・かかと までを追加で確認 軽度であると確認

 

巻き込み肩 はご本人とも腰と同じ側の方が硬直が強いことを確認し 共通認識を持った後で 「腰がお辛いのはわかりますが 最終的に肩もほぐすのであれば先に肩をほぐした後で腰が弛むかを確認させてください 私はそうなる可能性が高いと思います」 とお伝えし了解をいただきました

 

・肩が巻き込み重心がひねる様に前に傾く そのままでは視線は痛みのある側の反対の足元を見るように斜め下になってしまいます それを【反り腰】 で顔を上げ 【痛みの出た側の腰】 で体重を余分に受け止め・ひねりを相殺した 

 

肩をほぐした結果 腰が弛んだことをお客様と確認し 腰の確認でうつ伏せになっている状態で【反り腰の癖の為】 自然にうつ伏せでも背中から腰に残る硬直・腰のひねりを身体を持ち上げて高さを調整するだけで 腰には手を触れずに腰の筋肉がさらに弛ませることに成功

 

これで1番の原因は「巻き込み肩」 であることに納得していただきました 

 

* それなら はじめから「腰を持ち上げ ひねりを相殺したら?」と思われる方もいらっしゃる かもしれませんが それでは巻き込んでいる肩口にうつ伏せ時の体重が集まり過ぎ・肩甲骨と背骨の間にそれをなんとかしようと硬直が出てしまうことで 身構えて全身に力が入ってリラックスからはなれてしまうのです そういった状態では効率が悪く 指圧時に痛みが出やすくなるのです *

 

そういった理屈は置いておいて 腰の不調がいろいろ試したが良くならない方で 【いろいろ試した】が店の件数や【施術の種類】あって【ほぐす方法・手順】でないなら 1度お試しください

 

A-balance -エ―バランス-

住所
〒150-0013
東京都渋谷区恵比寿1-7−4
ハイライフ恵比寿503

TEL 03-6459-3439
完全予約制となります。
営業時間 9:30~22:00
*20:00以降はご予約の場合のみ
定休日 不定休

当院Facebookはこちら
http://on.fb.me/1Ge3KpI
  • facebook
  • twitter

トップへ戻る