具体例

具体例詳細

腰の上部・太腿の痛み 足の不調のかばい合いが原因


腰の上部・太腿の痛み 足の不調のかばい合いが原因だったケースを考察してみます

今回はご本人にハッキリ心当たりがありました 「ゴルフ」の後 翌日から気になったとの事でした ご希望の時間は60分 で承っております 細かく問診・診察をしていくと

 

・腰の上部 腰骨よりやや外に痛み ご本人からの1番の主訴

・右足の太腿のつけ根の正面から外側の痛み 2番目の主訴

・右肩がやや上がっている 

・腰のS字カーブはややストレート

・背中に硬直  

・立った状態で足の外側に硬直

・左足首に可動域の狭さと硬さ

・膝裏のしこりのような硬直

 

普段から体を動かされている為に原因を確める伸縮ゴムバンドのチェックでは顕著な効果が見られました

【ご来店時の不調を強さを10段階の10として】 立った状態で硬かった太腿に筋膜リリースを促す様に伸縮のゴムバンドを巻くだけで

・痛みが10 ⇒ 5 のレベルに下がるとのこと

太腿に巻いただけではまだ硬さが残る左膝にさらに伸縮ゴムバンドを巻くと

・痛みは5 ⇒ 4~3 のレベルに下がり

左足首に巻くと

・痛みは4~3 ⇒ 2~1 のレベルまで下がる

 

といった顕著な結果になり 驚いていらっしゃいました その際に腰や背中を確かめると柔らかくなっていたことで原因は「足にあります」の説明にご納得していただき施術のスタートです

 

右太腿の正面から外側が痛い というのはほぼ左足首・左膝に硬さがあるのをかばっているのが原因だと考えられます 痛みがある右太腿のをいきなりほぐせば緩んでいない筋肉・筋膜を傷つけ易くなりますし かばわないようにする事が解決の近道であることの説明にも納得していただきました 

左足首の硬直の原因の細かい原因を探りながら末端から太腿までをほぐし 1度効果を確かめるように歩き・屈伸運動をしていただくだけで右太腿の硬さも和らぐのを実感していただき 証明できて一安心です その後 股関節・腰全体を緩めれるのは難しくはありませんしご本人も緩んでいる筋肉を伸ばされるだけなので心地良さしか残りません 最初にご相談を受けた場所は完了ですが 背中が緩めば肩が弛みやすく 肩が緩めば首が緩みやすくなるので「緩みの余裕をバトンで繋ぐように全身のトータル・バランスを整えて」 終了になりました 

 

ゴルフはひねり・旋回運動の繰り返しです 単純な力仕事よりも関節・靭帯に負担がかかります 終わった後の整理体操が重要になってきます プロゴルファーやプロ野球選手は体のバランスを整える為に 「利き側と反対のスイングやピッチングのフォームを意図してトレーニングする」ということも注目をされています 最近は選手自身から情報が発信されていますね 最近ではダルビッシュ選手が大谷選手と左投げでチャッチ・ボールをしていてダルビッシュ選手の140 Kmのスピードボールを大谷選手が取り損ね近くの壁に穴が開き 2人でサインをして写真をインスタグラムに載せたそうです カーブやスライダーも左でコントロールできるそうな 凄過ぎて良くわかりません ちょっとしたトピックでした

施術時間はご希望の60分 ご参考になれば それでは…

A-balance -エ―バランス-

住所
〒150-0013
東京都渋谷区恵比寿1-7−4
ハイライフ恵比寿503

TEL 03-6459-3439
完全予約制となります。
営業時間 9:30~22:00
*20:00以降はご予約の場合のみ
定休日 不定休

当院Facebookはこちら
http://on.fb.me/1Ge3KpI
  • facebook
  • twitter

トップへ戻る