具体例

具体例詳細

「座る」を変えて、姿勢を正す 注意点


「座る」を変えて、姿勢を正す 注意点 はA-balanceがおすすめしている「Tarzan」で紹介されているのですが P53 からの『腰痛予防&改善の基本のキ!』の6つ中 P56 からの5番目【日本人が得意な床座を復権させるべし】 があるのですが 以前のブログ 林先生の今でしょ!講座 危険な座り方Ⅱ の危険度2位で【割座】 がランク・イン していますので何でも長時間するのは避けていただくようお願い致します あくまでも足首や股関節の柔軟性が低下している場合の回復のみに行ってください また 柔軟性が元々高い方は必要以上に行うと安定性の方が低下してしまいますのでご注意ください

ご参考にしていただくため その6つを紹介していきます

 

1)新幹線でお弁当を食べるときの姿勢を思い出してみよう シートを倒して寄りかかるはNG

2)高い椅子より低い椅子に座るべし 股関節の伸展や骨盤の後傾を招く

3)アメリカで注目のスタンディングワークのススメ ただし 肘をつく・目線が下がってはNG

4)こんな座り方はやってはいけない! NG 5ヶ条

5)日本人が得意な床座を復権させるべし 椅子を使った姿勢しかできない人が増加

6)優れたギアを使って座り方を変える 意識しても長時間キープできないをお助け

 

1)電車のシートでは背もたれに寄りかからず、やや浅く腰掛け骨盤が立つように座る 【頭・首・脊柱・骨盤 を結ぶラインが垂直に近くなる】ことで重心線もそれに沿うようになる 重心が「みぞおち」の奥 体の厚みの中心近くになる

この時にかかとを体に引き寄せ 膝は90度よりも曲げていて 足首も曲げていることが理想です これを横から見ると太腿・すね・足の縦幅 が【Z字のバネの形】になります 重心から垂直方向にかかる重さで沈み込むのに反発し負担を分散しやすい姿勢・その維持もしやすい姿勢といえます

  

2)正しい姿勢の前提は骨盤を立てることは1)と同様で 高い椅子で股関節の伸展や骨盤の後傾すると猫背になりやすく 腰痛はもちろん アゴが前に出て首の凝り みぞおちが曲がることで横隔膜・胃が圧迫 呼吸が浅くなり・集中力の低下・食欲不振 真っ直ぐ体を立てているのも維持するのも大変になり左右方向にブレが起きやすく 歪みに繋がります

 

3)何年か前にアメリカのWebメディアで注目されグーグルやフェイスブックといった企業でも導入されている 「林先生の今でしょ!講座」でも同様の紹介がありました

 

4)NG 5ヶ条 

・座面に深く座らない 重心が頭・首・脊柱・骨盤 の垂直線上を意識

・背もたれに寄りかからない 人体工学の高級なもの以外では難しい

・肘掛けにもたれない 左右のブレは首の凝り・肩こりの原因 進行すれば側弯症のリスクに

・足を投げ出さない 体重へ反発力と分散を有効に使いましょう

・脚を組まない 顔と肩のラインを正面でキープするためには上半身と下半身のねじりの方向が真逆になる不自然極まりない姿勢 

 

5)床座法は投下系・立膝系・開膝系・畳脚系 

CB_0001

 

6) アーユルスツール 26000円(座面部分単体 16000円)サイズS・M 全4色 「日本人のための姿勢改善椅子」

  バックジョイ 6300円 低収縮クッション・メッシュ加工 《リリーフグリップ》 てこの原理で自然と骨盤が立つ

          5890円 抗菌発泡素材・丸洗いO.K 《ポスチャープラス》 全米カイロプラクティック協会推奨

 

「Tarzan」では6)で紹介したような健康に役立つツールの紹介をしていますので 目に着いたときにはチェックしてもみてください 私は個人的に2種類を購入して使っています お客様にも試していただいたりと提案することもあります 気に入ってご購入された方も多数いらっしゃいますのでお気軽にご相談ください それでは…

A-balance -エ―バランス-

住所
〒150-0013
東京都渋谷区恵比寿1-7−4
ハイライフ恵比寿503

TEL 03-6459-3439
完全予約制となります。
営業時間 9:30~22:00
*20:00以降はご予約の場合のみ
定休日 不定休

当院Facebookはこちら
http://on.fb.me/1Ge3KpI
  • facebook
  • twitter

トップへ戻る