具体例

具体例詳細

背中・腰に多い触られただけで「ビクッ」となる


「背中・腰に多い触られただけで『ビクッ』となるので整体はその場所をほぐしたことはない」 という悩みがある方もいらっしゃいます

これはただの「くすぐったがり」 なだけではありません また 臆病なわけでもありません 明るい部屋でも 『今から触るよ』 と伝えてあっても

自分以外は心を許せる人でもだめなのです 親・兄弟・恋人・結婚相手でも関係ないのがただの不安感とは異なることがわかります 

ですから慣れれば大丈夫な訳ではありません 

でも諦めないでくださいそういった方を何人も施術できるようにして その腰や背中の痛みや違和感を取り除いて来ました

 

傾向としては ご本人も『奥が硬い事はなんとなくわかっている』 という言い方をすることが多いのです 

これは意識をしない様にしていることの裏返しです 考えられるのは

 

1)過去に酷い痛め方をしている

2)過去に酷い揉み返しの経験がある

3)揉み返しまではならなくても何度ほぐしても結果がでなかった

4)背中や腰が硬くなっている原因は他の場所であり負担が出ているのが腰や背中である

 

1)・2)は肉体の記憶と脳の条件反射が強固なものになってしまい刺激にたいして警戒感を最大にしたままになっている

触れる ⇒ 押される ⇒ 痛み になると信じ込んでいる為に 触れる ⇒ 「触るな!」 となり押される力を判断するということを

放棄してどんな些細な痛みの可能性も排除しようと躍起になっているのです「触れる物は悪」 ということを身体と心がタッグを組んで

信じている ある意味解消することを目標とするなら『押されなくても なにもしないでもただただ痛いよりも悪い』 状態と言えます

 

3)は1度ご自分の状態を回復させる経験をするだけで 2度目の来店ではスタートからその技術がある相手に対しては

拒否反応が出たとしても弱くなっていることはあります

 

4)が本当にお伝えしたいこと この原因を見つけられ知識があり取り除くことが出来る技術があればその日のうちに1度の施術で

誰が触っても何ともなくなります 病気ではないので2度とそうならないものではないですが疲労をリセットすることが可能です

原因の可能性はその人の使い方次第ですが すべての関節 歩き方や座り方・仕事上の部位ごとの癖 すべてから見つけて見せます

そして その「触れられるのが苦手な部分に原因があるわけではないと理屈を頭で理解し 悪い癖を軽減することで

全くでなくなることも可能です」 早い方なら3回くらいで過敏な状態はその後 疲労が溜まっても出なくなります

痛みを捨てるだけでなく安心感という生活の質の向上も手にしてみませんか? それでは…

 

A-balance -エ―バランス-

住所
〒150-0013
東京都渋谷区恵比寿1-7−4
ハイライフ恵比寿503

TEL 03-6459-3439
完全予約制となります。
営業時間 9:30~22:00
*20:00以降はご予約の場合のみ
定休日 不定休

当院Facebookはこちら
http://on.fb.me/1Ge3KpI
  • facebook
  • twitter

トップへ戻る