具体例

具体例詳細

首の奥にある硬い筋がほぐれない方


首の奥にある硬い筋がほぐれない方はいろいろな店を試されていて当店に来店された方も

『ほぐれた事がない・最後に柔らかかった記憶がない』 とおっしゃる方もいらっしゃいます

こういった首の奥へ指をグイグイ押し込むのはいろいろな要因で困難さを伴いますが カイロや筋膜リリースはアプローチが可能です単純なツボなどの整体では困難な点は

 

・痛みが伴ってしまう

・物理的に届かない

・医学的にデリケートな場所である

 

痛みに関しては急所であるから触覚・温度差などにも他の場所よりも強い反応がでますから 「我慢してもらえる場所でもないですし・身構えて体中を硬直させてしまうので逆効果」ですから強く押す 例えば「グリグリ棒」などの首と肩のつけ根に金属製のアーチ棒のしなりを利用した突き刺さるような押し方はその時ばかりで一晩で元に戻るようなら止めることをおすすめします またそういった整体に通っている・そういった自宅でのケアを止めない施術者は私としては利益を追求しているとしか思えません

 

カイロが有効と書いたのは首の骨を直接「ボキッ」 と鳴らすという意味ではありません それは一握りのトップ中のトップと断言できるカイロの施術家ならば可能ですがお伝えしたいのはそんな「リスクなしにほぐせます」ということです

首を通過する筋肉は後頭骨・鎖骨・肩甲骨・舌骨 アゴからノド仏の範囲を首とするならば下アゴの骨と接していることになります そこに影響を与える筋肉ならばさらに増えることになります その筋肉をほぐせば首に影響を与えることになります 

例えば鎖骨が正面から見て肩に向かってなだらかに上がっている程度よりも傾斜が強く「Vの字」 に近いほど首の筋肉は奥までが均等に硬直していることになります 鎖骨を下げることに成功すれば筋膜リリースはその弛みを利用して反対側にある肩甲骨と首の側をほぐすこともできるのです イメージとしては首を頂点に鎖骨・肩甲骨・肩を底辺としたテントは引っ張り合いながら立体的に立っているので一つのワイヤーが弛めば他も弛んでしまうのです テント全体が弛んいるならば外からテントの中の中央にある荷物に触る事は出来ますよね この理屈で首の奥がほぐせるのです 今通っているお店で肩が上がっている・いかり肩を何とかしたいと相談してみてはいかがでしょう? 効果が無ければ当店でどうぞ

 

医学的にデリケートと書いたのは痛みや感覚が敏感の意味ではありません 1番大切な脳に近く神経が太い束になって通過していますし 血管も表面に近い場所に太い血管が通過しています 他の骨に比べて細い突起が多く突起自体も細長いので傷つきやすい 突起が多いということは近くを通る血管や神経・首の筋肉は細いものが多いですからを挟み込んで傷つけ易いことも意味しています 

 

筋肉が引っかかって動きが制限されると聞いて1番 年齢・性別 に関わらずなるものそれは『首の寝違え』 ですと言えばな得しない方はおそらくいないでしょう 小さな子供は柔らかいが故に伸びることが出来過ぎて引っかかるまで伸ばしてしまった結果によるかもしれませんが骨が未発達な子供でさえなるほど突起が多いそういった観点からも とても大切でデリケートな場所だという認識を持つのも身体を労わるに繋がるのではないでしょうか 

太い血管・神経の束があるわけですから奥までほぐすことの有効性は計り知れません 顔の血流は首を通らなければならないわけですから肌質・目のくま・色素沈着・まぶたの張れ・目の充血・疲れ・鼻の通り・頭皮や髪質 神経・精神的にも集中力は期待できるでしょういかがですか?そんなことまでは考えなかったですか?身体は場所ごとに考えないと奥が深くて楽しいです飽きないですよ それでは…

 

A-balance -エ―バランス-

住所
〒150-0013
東京都渋谷区恵比寿1-7−4
ハイライフ恵比寿503

TEL 03-6459-3439
完全予約制となります。
営業時間 9:30~22:00
*20:00以降はご予約の場合のみ
定休日 不定休

当院Facebookはこちら
http://on.fb.me/1Ge3KpI
  • facebook
  • twitter

トップへ戻る